読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポットライトが輝る元に待つのは

男前な潤くんと、わたしの理想の生き方をする河合くんと、万年片思い中の横尾さん。

晴れて河合担になる決心がつきました。

私、この度

松本潤くんから河合郁人くんに担降りします。

 

大阪城ホールで、私は彼に完全に心を奪われてしまいました。もう河合くんのこと以外考えられません。

 

こないだ担降り一歩手前ブログを書いたんですが、イマイチ踏ん切りがついてなかったんですけど、今回はきっぱりいきます。

 

潤くんは私の中で最高のエンターテイナーであり、世界一カッコいい人であり、それはこれからも変わることはないんだと思います。

でも何事にも熱心な彼を半端な気持ちで「自担」なんて呼ぶことはできないなと思い、担降りする決意を固めました。

 

いや、もうぶっちゃけね、降りてるみたいなとこあったけど、今までなんか寂しいからうやむやにしてた部分はあったんですけど、河合くんの魅力の前に、そんな意地はどっかに行ってしまいました。

 

要は河合くん大好きってそれだけです。

 

こんなはずじゃなかったのに。あんな馬みたいな人好きになるはずじゃなかったのに(泣)。すぐネタに走るしトークはひとりよがりだし、笑い方も変だし、なんなの!!

でもね、河合くんって、めっちゃ大事にしてくれるんだよね、、いや勘違いかもしれないけど、こんなファンになったばっかりの私にも優しいんだよね。

「来てくれてありがとう」

「声出してくれてありがとう」

って素直に言ってくれるのがすごく嬉しくて。そんなのファンなら当たり前のことなのに、ちゃんと言ってくれるんだよね。

河合くんの好きなところを書いていくとキリがないからあんまり書かないけど、とにかく目が離せない!大好き!!この人だけを追いかけたい!!って思うようになりました。

 

潤くんのファンになったのは10歳の時、もう人生の半分近く潤くんのファン。これからもずっとファン。とにかく大好きで素敵な人。だけど、もう「自担」って気軽には呼べないかな。

私の世界を広げてくれたのも、河合くんと出会わせてくれたのも潤くんだし、潤くんがいなければ今の私はないなって本気で思ってます。

これからもコンサートを見たいし、カッコイイ潤くん、カワイイ潤くんもどんどん見たい。今年のコンサートも楽しみにしてます。また私の見たことないものを見せてください。

それから河合くんをごはんに連れて行ったり、コンサートの話もして、可愛がってあげてください。J's倶楽部とか全然ゲストで来ていいし、なんならちゃんずーとか!(笑)さすがに来ないか(笑)あと河合くんをMJに呼んであげてね♡

 

あーーーだめだ!書いてると潤くんがどんどん好きになってくる!早く会いたい!!言ってることめちゃくちゃだわ!!

 

そして、潤くんが、嵐がピンチになったときはいつでも呼んでね。すぐ駆けつけるし、何でもするよ。だって私の大事な大事な5人だから!♡

5人はスターだから、あることないこと、ネットや週刊誌に書かれてしまうし、大人に媚を売ったりしないといけないし、芸能人や偉い人にファンサしたりしないといけないし、それでまたバッシングされるし、潤くんに関してはコンサートの総合演出ってこともあってファンからも批判を浴びることだってあるし、、

5人は平気な顔してるけど、いい子を演じてくれているけど、そのストレスははっきり言って半端じゃないだろうし。そして今嵐を取り巻く環境のせいで、思うようにやりたいことができないっていうのもあるかもしれない。

でも私はちゃんと5人のこと分かってるつもりだから、嵐が嵐の、本当にやりたいことができるようになるまで待ってます。いつまでも待ってます。また「嵐のファンは最高だ!!」って言ってね。ずっとずっと待ってます。そのときにまた嵐担、松本潤担を名乗ることを許してください。ファンクラブはちゃんとお金払い続けときます(笑)。

 

そのときはA.B.C-Zもビッグになって、河合くんがゴールデンでMCなんかしちゃったり?その番組に嵐がゲストで出ちゃったり??しちゃおうね!!

 

そして、A.B.C-Zとファンのみなさん、こんなわたしをあたたかく受け入れてくれてありがとう。これからもよろしくお願いします。

これから一緒に叶えたい夢がたくさんあるんだ!!一緒に頑張ろうね。いつでも頼って、楽しんで、キラキラ輝く5starに登り詰めましょう!!!

その優しさとファン思いなところと、貪欲なところ、何年やっても忘れないでね。ずっとわたしをワクワクさせてね。

 

あーーもうこれは河合くん罪だわ。何かの機会で話すことがあったら「松本潤くんのファンだったんですけど、WISH見て河合くんのファンになりました」って言わないと。

 

読んでくださってありがとうございました。