読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポットライトが輝る元に待つのは

男前な潤くんと、わたしの理想の生き方をする河合くんと、万年片思い中の横尾さん。

あなたのために生きていいかな

松本潤 河合郁人

 

これは担降り一歩手前ぐらいブログです(笑)。

さあ、読んでる人にはどうでもいいことかもしれないけど、自分の気持ちに整理をつけましょう。

嵐ファンのフォロワーさんとかはすごく嫌な思いをしてしまうかもしれません。ごめんなさい。

 

私は今、河合郁人くんがいちばん好きです!!松本潤くんよりも好きです!!

今まで松本担兼河合担を名乗ってきたけど、もう私は河合担兼松本担にとっくになっていたようです。

 

潤くんから離れるとか、そんなことは出来やしないんですけど、私は今、潤くんのことより郁人くんのことばっかり考えてます。

この思いに気が付かないふりをずっとしてたけど、もう無理!!(笑)

河合くんがいちばん大好き!!!!!

 

潤くんは私の青春で、私の世界を広げてくれた最高のドリーマーで、それはこれからも絶対に変わることはないです。そもそも、潤くんがいないと私は河合くんのファンにはならなかっただろうし。感謝でいっぱいです。

 

でも、潤くんは遠い遠い存在で、いくら頑張って手を伸ばしても私の手には到底届かないような気がしてしまうんです。

「ずっとついていく」なんて言っていたけど、そんなふうに強がっていないと離れていってしまうような気がして。年に1回ぐらいしか会えないし。

 

ぶっちゃけ、嵐ファンは周りの環境が過酷で疲れたっていうのもあります。嵐はトップアイドルで、彼らの周りにはどうしてもいろんな大人の事情が見え隠れしてしまって、いろんな人にちやほやされて好かれて。唯一の交流の場であるコンサートも当たるか分からなくて、チケット当落の度嫌な思いをする人もいて。そしてファン同士は嫉妬し合うし、批判し合う。っていう環境に疲れてしまいました。

もちろん、上に書いた事は嵐が全部悪いわけじゃありません。

これからも変わらず5人のことが好きです。CDも買うしコンサートも行きたい。バラエティも見たい。

でももうがむしゃらにひたすらに追いかけるのは終わりにします。

 

私は嵐から聞いた「ファン」という言葉が、一度も自分に向けてのものだって思ったことはありませんでした。あまりファンに対して優しくないな、というのがここまで応援してきた私の感想です。「ファン」という言葉が響いてこないなんて、私は彼らの何なのだろうかって、ただの客で、お金払ってくれれば誰でもいいんじゃないかって。

彼らが「ファン」と呼ぶのはきっと、「売れる前から応援してくれてる人」なんだろうなって私は勝手に思ってしまって。

どうにか私も「ファン」でいたくて、どうにかついていこうと必死になったけど、彼らからのレスポンスはなかったように思います。

 

そこに現れたのが河合くんでした。最初は正直「なんだこいつ!?」って思ったんです。でも、彼の好きなものにまっすぐなところとか、捨て身で自分のことを、グループのことをテレビで話しているところとか、何よりもファンを大事にしている姿勢にすごく惹かれました。

もうとっくに彼のことがいちばん好きだったのに、気づかないフリは今日でやめます!!

河合くんとはね、思い込みかもしれないけどね、大げさに言うと価値観が合うんですよ!(笑)男の好みとか、笑いのセンスとか、あと私も短足短足バカにされるし!!他人とは思えないんだよ!!(笑)

 

潤くんのことは「自担の自担様」として、また新たな気持ちで応援したいなって思ってます。でも河合くんに負けたくはないので(笑)、一生懸命応援させてもらいます!!!これからも私を驚かせて感動させてください。

でもまだ潤くんには叶ってない夢があるから、それが叶うこと願ってます。「月でフェス」、結構間に受けてるヲタクなので!!!!河合くんと見に行くね!!!!!

 

A.B.C-Zとは、まだまだ一緒に叶えたい夢がたくさんあって、肩を組んでるぐらいの感覚で、共に未来へいきたいなって思ってます。

 

気持ちがすっきりして新たなスタートができて、また自分も成長できたらいいな!と思っております!🌟

 

 

 

はーーーー、すっきりした。不快な思いをした方がいたら申し訳ないです。嵐は好きです。普通に大好きです。

まあ深く考えずに自分の気持ちに素直にいられればいいかなと思います。

 

これあれなんだよな、、

まさに「馬に落とされた」なんだよな、、

 

ピカンチで大野さん演じるハルが恋するじゃないですか?で、最終的にそのお母さんと結婚しちゃうじゃないですか、、

まずはその女の子と近づくためにはお母さんからいかないとだろうって、新聞配達ついでに家に上がりこんでお母さんと話すうちにお母さんとデキちゃうっていうまあまあのストーリーなんですけど、そのときにハルが

「将を射んと欲すればまず馬を射よ」

っていうことわざを使うシーンがあって、それでいろいろあってお母さんのほうとデキちゃったあとに

「馬に…落とされた……」

っていうセリフを言うんですよ、、

 

まさに私これだな……って河合くんが馬だと気づいたときに思いました。

 

じゃあ最後にいっとくか……

 

カウントダウン参戦直後の私「松本潤を射んと欲すれば先ず河合郁人を射よ」

コインロッカー・ベイビーズ観劇後の私「馬に……落とされた……」

SLT参戦後の私「もしかして将って実は馬なんじゃないの!?」

 

……こんなにピカンチの話できるなんて、私もまだまだ嵐好きでしょ?(笑)

 

河合くんへ

あなたは先輩のファンを1人減らし大変罪深いので、これからも私たちを大事にしてください。

 

最後は結局ネタに走るのが私の悪いくせだよ!

 

 

タイトルはKAT-TUNの「YOU」から。

胸のうちを伝えるだけ、熱いうちに。

 

読んでくださってありがとうございました!